FC2ブログ

スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要は死にそう 2018年05月18日 Aristelliger コメント:0

Aristelliger lar 
Aristelliger lar

 一昨日のこと、こいつのケージを覗いたら仰向けにひっくり返ってヒクヒクしておりまして、背筋に走る怖気に気が付かないふりをしながら、お、なんだエイプリルフールかと平静を装いながらも摘み上げますと、今すぐ死ぬヤモリにありがちな体の芯に力が入って無いくたっとしたニアデスフォーム。要は死にそう。実は以前にも同じようなことがありまして、思い当たったものですからお腹をよく観察しますと、やはり無精卵を持ってる様子。これがどうにも排出できないでいるようで、要は死にそう。 アリステリガーの卵というのは産んだばかりはまるで滑ったマシュマロみたいな感じで、どこかに産み付けられるとそこに貼りついて固まるのですが、この個体は先月は壁面になんとか生み出したんだけど、今回は上手くいかなったんでしょう。 なので、前回同様写真の様にプラケに入れて、おもっくそ霧吹きをして無理やり水を飲ませると、数時間でなんとか排出しました。樹上性の連中がいきなり地面に落ちてたちまち死んでしまうのは、結構このパターンが多い気がする。予防には兎に角運動スペースと給水しかないんじゃないのか。 しかしこれでこの個体2回目ですからね、無精卵詰まらせての臨死体験。交尾させてないから全くの無駄なんだけども。自分で止められないものなのか。 そしてヤモリの死後ははどこに行くのだろう。エアコンの裏あたりが怪しい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。