滑肌 2018年01月09日 ミカドヤモリ コメント:0

Correlophus belepensis 
Correlophus belepensis

幻獣ベレペンシスの体表。全体的に鱗が小さく纏まっており、配列も幾何学的に整然と並ぶ。
感触もそれを反映して肌理が細かく感じられ、まるでサラシノを触っているような感触である。

Correlophus ciliatus

Correlophus ciliatus

対してこちらが普通のクレス。シリアタスの体表。上記のベレペンと同じ背中側面の写真。
ベレペンと比べてみての通り、鱗の配列も肌理も荒い。両者を比べて決定的に何が違うのかと問われれば、私は迷わず「手触り」と答えるであろう。それほどにこの両者は違う。

Correlophus belepensis 
Correlophus belepensis

サラシノの肌を持つクレスと知人には説明するのだが、聞いてる方はいまいち要領を得ないらしい。
でもまぁその通りです。この幻獣は。


 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する