豹紋鳴守宮 2017年05月09日 Hemidactylus コメント:0

Hemidactylus maculatus  
Hemidactylus maculatus

ヘミダクティルスの最高傑作、最上位互換。恐るべきはこの個体が国内CBであるということ。 私もこのヤモリはついぞ殖やすことが出来なかった。似たようなアリヅカはおおよそ3ダースは殖やしたが、こっちは全く何をどうしたって駄目であった。一度無精卵を産んだことはあったのだが、そこからが繋がらなかった。 インドの連中はどうも数値通りにやっても素直に上手くいかない感じがある。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する