古のもの 2016年11月15日 植物 コメント:0

Puya coerulea  
Puya coerulea 

かつて南米はアンデスの頂に壮麗な巨石文明を築いていた旧支配者の末裔。古の時代に星間を往来し、この星に飛来した当時の高度な知性と技術は遥か星霜の彼方に忘れ去られたが、外宇宙の環境にも耐えうる強靭な体躯はいまだ健在であり、その体から伸びる数え切らぬほどの鋭利な歯を備えた触手は、その身の回りの生物を無差別に八つ裂きにし、流されたその血で自らを潤す。忌々しいショゴスは氷の大地の地下深くに封印されたが、宗主たる彼らは今もこうしてその命脈を地上に残す。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する