そのままの君でいないで 2016年04月26日 日々 コメント:0

Encephalartos dolomiticus

1/13

Encephalartos dolomiticus

4/26 

Encephalartos dolomiticus

来て約三カ月。全く微動だにしないドロミーちゃん。この類は芋がやる気を出さないと芋より上は微動だにしない。去年初めて手にしたホリダスは一年間で葉を二枚出してそれきりである。
一年この類を扱って、大分色々と知ったり後悔したりしたが、一つ言えるのはこの類を始めるのなら(そして飽きずに続けたいならば)最初になるべく大株を、予算の限り突っ込めということだ。この成長の遅さはちょっとただ事では無い。成長遅いキングバブーンだって遅いなりに脱皮するのに、こっちは脱皮すらしない。全く何の動きも無い。実際、地下茎は着実に大きくなっているんだが、そんなものを見て何が楽しいものか。
と、言いながら鉢の数だけはいつの間にか増えてゆくのだ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する