多頭の龍 2016年04月07日 日々 コメント:3

Encephalartos horridus

Encephalartos horridus

Encephalartos horridus

Encephalartos horridus

南アに産する恐るべき多頭の龍。その葉に備える幾多の鋭い棘から小種名におなじみのhorridus(恐ろしい)を冠する。
おおよそエンセの、いやソテツの仲間を見渡してもこれほどまでにカリスマを持った種は存在しないと言いきってよく、かくいう私も丁度1年前にこの種からソテツの魔境へと足を踏み入れた。蘇鉄は一鉢持つと何処からともなく発せられる毒気に当てられ、その怪奇なる毒に犯されるままに鉢をどんどんと殖やしてゆく、数時間おきにヤフオクをチェックするようになるのも、事務所の二階がソテツでいっぱいになるのも紛うことなくこの毒の症例である。成るほどヘラクレスが足を踏み入れたレルネーの沼地はきっとソテツが生い茂る様な場所であったのだろう。

コメント

ここでこの属の存在を知って以来日に日に心惹かれております。
盆栽育成できるのであればすぐに手が出そう。
  1. 2016/04/08(金) 19:37:02 |
  2. URL |
  3. むた #-
  4. [ 編集 ]
盆栽も何も、この仲間は生育が死ぬほど遅いので寧ろ最初に値段に負けて実生の葉を2.3枚出したの選ぶと向こう10年は後悔しますよ。
ホリダスなら、最初から予算の限りをぶっ込んで大株を狙い、その上で後悔すべきです。
  1. 2016/04/08(金) 20:02:38 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]
遅い遅いとは聞きますが(主にここで)そこまでなんですね。
よし、逝ってみよう…
  1. 2016/04/08(金) 22:53:26 |
  2. URL |
  3. むた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する