雷神 2015年09月21日 Aristelliger コメント:2

Aristelliger georgeensis

Aristelliger georgeensis

イスパニョーラの巨人ラァル、タークス&カイコスの深淵ヘクティに続く第三のアリステリガー、雷神ジョージエンシス。
恐らくアリステリガー一門にあって唯一大陸側にも分布する種。現地では嵐の前触れに鳴くことから天気予報するヤモリとも呼ばれているらしい。
もしも私の嫉妬羨望が形を得て動き出すとしたら、正しくこの姿であろう。某イタリアンゲッコーの管理人はこれを持っているがために私にここ数年一方的に妬まれており、もし嫉妬で人が殺せたら今やイタリアは死の大地となっていたと思われる。
それほどまでに、このアリステリガーと言うヤモリが私の趣味人生に与えた影響は大きかった。ラァルこそが至高なのは今も変わらずだが、このジョージエンシスのカラーリングとラァルよりがっしりとした体躯はどうしたことだ。ラァルという神に等しい存在がありながら、未だこんな凄まじい奴が残っているとは!南北アメリカ大陸のヤモリの最高傑作アリステリガーの可能性の一端をまざまざと見せつける逸品と思う。チャホウア的な茶色とそこにうっすらと雑じるモスグリーンの塩梅がおそらくはテンションによって様変わりし、場合によってはほぼ漆黒にすら移り変わる。その変遷たるやまぁ素晴らしい。悍ましいぐらいに麗しい。腎臓2個になったけど生きててよかった。

Aristelliger georgeensis

Aristelliger georgeensis

こっちはメス。アリステリガーはどうもオスの方が派手な印象がある。まぁまだ小さいのでもっと飼い込まないと勿論色は出てこないが。
暫く中断していたが、やはりこれは集めないと駄目だな。見ているだけで血が滾る。このヤモリにはそれだけの価値がある。

コメント

恐ろしく格好いいですね。是非色々な写真を見てみたいです。
  1. 2015/09/22(火) 16:09:53 |
  2. URL |
  3. kumo #-
  4. [ 編集 ]
これ尻尾切ったらもう半年は立ち直れないと思うので、控えめにやっていきます。
  1. 2015/09/22(火) 22:24:20 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する