陸鰻 2015年04月01日 その他ナミヘビ コメント:0

Xenopeltis unicolor 

Xenopeltis unicolor

陸生の鰻。東南アジアに広く分布するが、あまり産地を明記されて輸入されることも無く、毎度「サンビーム」の一言で何処からともなく入ってきて、いつのまにか捌けてゆき、その後の行方は杳として知れない不遇の蛇。飼育した人に言わせればみな口を揃えてて「あれは良い蛇」と決まって聞かされるが、大体気の毒な人の話なので本気にしてはならない。
数年前に海南島に産する幻獣ハイナンサンビームが数度輸入されたことがあったが、結局餌を喰った、から先の話を聞くことなく、その後の輸入も皆無であったのであれもまた幻獣に逆戻りしてしまった。
今回入手した個体は珍しい持ち腹の、所謂CHと言うやつで、本種の幼体特有の首元の白斑が見てとれる。大体1年でこの白斑は消失するようだが、なんでこんな地中生の蛇がよりにもよって後頭部という弱点をわざわざ色分けするのか分からない。黒いままでいた方が見つかり難くは無いのか。

全身が油膜の様なギラついた粘質に輝き、単色系の蛇でも抜きんでて異質な感じを受ける。一体どいう言う魂胆があったのかは不明であるが、大手靴メーカーのアディダスはこのサンビームヘビをモデルとしたスニーカーを開発している。嘘では無い。これはサンビームスニーカーなのだ。
このスニーカー正直言って適当なアミメあたりの蛇皮使った靴なんぞよりよっぽど趣味が良い。そもそも蛇皮って人が身に付けるようには出来てないと普段から思っているので、財布であっても持ってるだけで品性疑う。ありえん。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する