温暖化貢献 2014年09月04日 コモチヤモリ コメント:0

Woodworthia maculatus

Woodworthia maculatus

飼育開始から半年余り、初めての夏ということもありどんなもんかと気を使ってきたが、どうやら無事切り抜けた様だ。
分布がニュージーランドでも人が生活しているような平地にも生息しているので、そういう意味では高地にいるラキウラエみたいな連中よりは大分扱い易かったりするんだろう。実際クーラーのタイマーの設定ミスで温室の温度が30度を超えてしまったこともあったんだが、別に変わったこと無くいつも通りだった。だからと言ってもうそんな温度に晒す気は毛頭ないが。
基本、というか問題ないのは25度前後だと思う。大体こういうのは具体的な数値よりかは通気のほうが大事だったりするので、保険も兼ねて絶えずサーキュレータを回しておくのに越したことは無い。
そもそもこのヤモリ日本で飼っててエアコンケチるとかバカ臭いことこの上ないものな。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する