玲瓏再び 2014年07月01日 Geckoella コメント:0

Geckoella albofasciata

Geckoella albofasciata

Geckoella albofasciata


あーあーあー、今年もやってやりましたよ。飼ってる生き物で何殖えて嬉しいかってコレですよ。

それで、今回ある程度検討が付いたのですが、このヤモリ産卵から孵化まで約8ヶ月前後かかりますが、恐らく体そのものが出来上がるのは5か月あたりだろうと思うんです。実は3カ月ほど前に、インキュベーターに入れておいた卵の一つに黴が付きまして、駄目になったと判断して割ってみたのですが、中からほぼ完全な幼体の死体が出てきた。孵化予定の8ヶ月まであと2か月というところでです。
そうだとして、その5か月目から孵化までの3カ月何をしているか、これなんですが、恐らく雨を、いや雨季を待っているのだと思うんですよね。卵の中で休眠している幼体は雨をスイッチにハッチするんじゃないのかと。

そんで考えるに、このヤモリ多分水分の加減である程度ハッチする時間をコントロールできると思うんですけども、そんなこと試したところで何の利益にもならないし、そもそもこの類のヤモリの卵は弄ったら絶対ダメだって経験則があるからそんなことはしません。誰がやるか。
こちらからは以上です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する