想像妊娠ですら無い 2014年05月21日 コモチヤモリ コメント:0

Woodworthia maculatus

Woodworthia maculatus

Woodworthia maculatus

掃除しようと思ってシェルターのコルクどけたらこの前見た時より二回り位太くなっていた。これはもう妊娠としか考えられない体型ではないか。
けど、連れ帰ってからそもそも同居させてないし、もしや単為生殖するのかとまで考え至ったのだが、そんな都合の良い話を信じられるほど私は追い詰められてはいないのだ。今は。

原因は間違いなく昆虫ゼリーであると思われる。メイン餌のコオロギを放して与えているので、コオロギがヤモリを齧らない様に保険として入れてあるんだが、最近になってヤモリも味を覚えたらしく、新しいのを入れると翌朝になって齧ったと思われる痕が残っていた。
ロシアのフォーラムで本種のケアシートに「肥満しやすい」との記述を見たが、この度の激太りでそれを実感した。
高タンパクゼリーより果汁の配分が多い、ローカロリーであるらしいゼリーを使っているんだけど、ちょっとこれは改めなくちゃいけないな。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する