30年工程 2014年03月06日 ヒルヤモリ コメント:0

Phelsuma standingi

モーリシャスで保護されているギュンターが殖える→イギリス本土の動物園に展示される→そこでも殖える→EU圏内の動物園に分譲される→行った先そっちこっちで殖える→研究者が個人で飼育繁殖できるようになる→そこで殖える→ごく少数市場に出回ってアマチュアだけどもキチガイが飼う→そこで殖える→やっとこさ一般に売りに出る→私が破産する。

以上が今現在考えられるギュンターを飼育する最速の手順と思われる。
この工程が最終段階に進むまで、多分20年、いや30年ぐらい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する