最後の帝王 2013年12月21日 Eublepharis コメント:4

Eublepharis fuscus
Eublepharis fuscus / ダイオウトカゲモドキ・ニシインドトカゲモドキ

その頭胴長は25cmに達し、尻尾も含めると40cmを超過するとされ、かの悪魔王をも凌駕する永らく伝説であったユーブレファリスの冥王にして、居並ぶランドゲッコーの雄を総べる最後の帝王。学名通りの薄暗く、恐ろしい黒王さま。
産するは絶対の不可侵領域たるインド。密輸は裁判なしの即投獄というあまりのハードルの高さに今迄誰も手が出せなかった究極のトカゲモドキ。ランドゲッコーのマスターピース。

数年前よりどうやら持っている奴がいる、そして殖やしている。との情報は断片的に伝わっては来ていたが、そんなぼやけた情報ばかりかき集めても、無暗に手が出せるもんでは無い。値段も憶測だけが一人歩きし、さながら妖怪のように影さえ見えないくせに怪物的に姿を変える。
分かっているのに手が出ない、ってのはさながら煉獄のよう。私にとって、このフスカスばかりは何としてでも手にしなけらばならないし、ならなかった。
そうでなければユーブレファリス最後のピースが埋まらない。それはとてもとても許し難いことだ。絶対にあってはならないことだ。我が趣味人生において万死に値する。いやいっそ死んでしまえ。

Eublepharis fuscus

10月の半ばにオファーがあってから約2か月、焦燥に精神を焼かれながらも、かくして帝王はついに我が手の内へ。
最初オファーが来た時はその場にへたり込んで天を仰ぎ、続く値段に血反吐を吐いたが、やはりこれだけは全てを擲ってでも手にする価値があった。


ああ、もういいや。私は至上を見た。究極に触れた。至高を感じた。
わりともう思い残すことは無いかもしれない。

全ては、この一匹のために

コメント

昨日エンドレスゾーンでペア価格を聞いてひっくり返りそうになりました。
アメリカーナの時もそうでしたが、羨ましくて脳汁が鼻から滴りそうです。
  1. 2013/12/22(日) 01:00:21 |
  2. URL |
  3. ノコギリ #-
  4. [ 編集 ]
フスカスは兎も角、アメリカーナ羨ましいって気の毒な人だなぁ!
あれ欲しいって人極東地域で私一人かと思ってました。
  1. 2013/12/22(日) 13:36:40 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]
足ながいですね
  1. 2014/01/19(日) 14:29:18 |
  2. URL |
  3. はぴお #-
  4. [ 編集 ]
気のせいだと思います。
  1. 2014/01/19(日) 16:06:13 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する