砂塵豹 2012年03月16日 その他ヤモリ コメント:2

Pachydactylus haackei

ハーケイのオスの方。今まではぜんぶメスの写真。
実は来たときから結構な脱皮不全をやらかしていて、最初見たときはあの「うわぁ、コイツダメかも」的な言葉が喉元からせり上がってきたけど、私は大人なので勿論口には出さなかった。
で、家に持って帰って観察してみると、どうやら壁面に貼り付けない程ではなさそうなのと、餌も食べるようなのでなんとかなるだろうと思い込み、風通しの良い場所にケージを置いて、乾燥させて管理。
約一ヶ月してどうやら今度は正常に脱皮した模様。なので今日晴れてお披露目となる。

メスに比べると色彩的に明るい感じ。サンドイエロー地に不規則なブロッチが散らばり、なんかもう豹柄と言ってもいいかも。
美しい反面やっぱり皮膚が薄いから、ちょっと気を使ってしまうなぁ。少しでも脱げ残った皮がひっついてたりすると流石に心穏やかではいられない感じだ。
まだ先の話だけど梅雨あたりの湿度の管理には気を遣らなければなるまい。






コメント

ああ、やだやだ聞きたくない
ウチではプロンキィの指先が危うく…ですよ

ところで、ルゴッサ来てんじゃないですか
いいなぁ、あれほしい
  1. 2012/03/17(土) 02:20:01 |
  2. URL |
  3. ヤモリ庵 #-
  4. [ 編集 ]
私はルゴッサは数年前なら兎も角、ゴツゴツ系なら今はバーナルディの方が良いかなぁ。
あとはマキュラタス、オキュラタス、ナマクエンシスが揃えば素晴らしい。
何気にマライシィが入ってたりで、パチダクはもっと掘り返せそう。

  1. 2012/03/17(土) 23:44:33 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する