それは呪いのようなもの 2012年02月19日 その他ヤモリ コメント:2

Pachydactylus haackei

Pachydactylus haackei

Pachydactylus haackei

ナミビアに産するパチダクティルスの稀種。
最初写真で見た限りではなんだか結構大きくなりそうだなぁと思ったが、ちょっと調べたら実際パチダクの中でも最大種の一角らしく最大で20cmに迫ると言うからかなり驚愕。写真はメス個体で、既に15cmに迫る大きさ。オスはもう一回り大きい。
来るまで「ナマクエンシスの下位互換」とか思ってて本当に申し訳ない。謝るよ、あんた凄いよ、愛してる。
でもナマクエンシスは極北だね。あれを知る人に言わせればパチダク界の裏番長らしいから、ナマクエンシス。表は勿論ルゴッサ。

荒地に点在する岩場みたいなところに生息しているようで、ナミビアという場所柄、温度差もかなり激しく乾いたところのご出身。要は相当丈夫そうなご様子。
反面、繁殖を視野に入れるときちんと温度でメリハリをつけないと上手くいかないというパターンか。

リストに名前だけ載ってて、且つ国内に入荷の前例が無い種って、毎度頼むときにかなり悩む。何しろ殆ど海外サイトの画像しか頼りに出来ないし。実際送られてくるまでどんなのが来るのか分からない。そんでいつぞやのレシュノールティの時みたいに心が折れて砕けることもあるけれど、今回は度胸の勝利としておこう。こういうのがあるから止められないんだ。
パチダクは集めようとすると気が狂う、と前のビバガにあったけど、それ以前にパチダクを蒐集しようとする行為自体が狂気の域なんだと思う。
恐らくそれは呪いのようなもので、泥で満ちた底の知れない沼に、嬉々として自ら足を沈めるような行為なんだろう。
大丈夫大丈夫、まだいけますって。

コメント

おお、これは麗しきかな、ハーケさんですね。
どこまで、デカくなるんだか、こりゃ楽しみです。
  1. 2012/02/20(月) 11:05:30 |
  2. URL |
  3. catoon #-
  4. [ 編集 ]
麗しいですね。興奮するとこの背中の網目模様が浮き出してきて、なかなか美しいです。
これで、まだフルアダルトには及んでないのだろうと思われるので、今後に期待です。
  1. 2012/02/20(月) 23:01:35 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する