ヤモリ山積 2011年11月02日 Hemidactylus コメント:0

Hemidactylus giganteus

どうしてこう、インドにばかりヘミダクティルスのキャッチーな連中は集まるのか。
100種ばかりの種類を誇るこのヤモリにあって、本当に特徴的な連中と言うのは悉くインドに集中してらっしゃる。
ギガンテウス、マキュラタス、プラシャーディ、トリエドラス、デプレッサス、レシュノールティ。どいつもこいつもインド、あるいはスリランカ。
彼らのことを思うと夜も眠れないわけではないけど、猛烈な物欲で熱が出る。
欲を出せばソコトラのドラカエナコラスはかなり特徴的で欲しいけど、ありゃ無理だろうな。

とりあえず後はプラシャーディが揃えばインドの欲しいヘミダクは揃うから、次はあれだ、パチダクだ。
ハーキィとマキュラタス、フォルモサスとナマクエンシス、オキュラタス。見るべき種は沢山ある。やる事いっぱいあるっていいなぁ。

その前にソコトラをもう一度なんだけどさ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する